分離型ソリューションのご紹介




サーボモータ系のヒンジ型電力・情報伝送による接続

ヒンジ型接続がもたらすメリット:
金属接合の場合に問題となる劣化の心配がありません。
接続および開放が簡単かつ安全に行えます。
(勿論、水や発火を伴う悪環境下においても問題なく行えます)



配管の無い自律型油圧装置

(油圧分野と組合せた例であり、もちろん、空気圧分野と組合せることも同様に可能です)

配管を使用しないことがもたらすメリット:
長距離に渡る配管の必要が無くなります。
必要な箇所に必要な油圧セルを分散配置することで、 油圧力により発生させた大きな力(数トンも可能)を、 電子制御することが出来ます。



構造可変型の機械およびロボット(概念の紹介)


無電極接続による積層型駆動装置がもたらすメリット:
複数のメカトロ機器を集約し、ブロックとしての構築が可能になります。
革命的な機械設計思想が生まれます。(ボトムアップ型や合体型など)
制御要素の交換や変更の際に必要となる機械およびロボットの再構築が簡単化されます。



振動、発火、腐食をはじめ、導通状態への様々な悪影響から生じるコネクタを取り巻く諸問題の打開策として応用することができます。






情報機器への応用


記憶型液晶表示機器へのデータ書き込みを簡単化します